歯茎が黒くなる理由

6月 30th, 2014 someone Comments off

歯周病の方にはあまり見られないですが、歯茎が黒いと感じる方々がいます。

あれは歯茎が悪くてそのような色ということではなく、殆どの場合、差し歯にしたために土台の金属イオンで沈着したものだそうです。歯の治療でそれを選んだ結果ということになりますが、もしもその時、インプラント治療を選択してたのなら黒くなることは。。。なかったのかもしれませんが、やってみなければわからないとは思います。差し歯を選択した当時、インプラント治療がそれほどメジャーじゃなかったということも考えられますから。

歯茎が黒いとパッと見た感じ、歯が小さい方だと歯が無いのかしら?と思うこともあります。でも歯が無いのだとしたら下顎は上方に上がってしまいますし、パッと見た感じでも分かるようになります。

他には、歯茎が黒くなる原因として長年に渡る喫煙による着色もあります。でもその場合、金属イオン沈着ほど黒くなることはありません。というより、歯の色自体が汚くなります。

Categories: 未分類 Tags:

健康的な生活を心がける

5月 31st, 2014 someone Comments off

健康的な生活を心がけることで身体以外にも良い影響があります。

精神的にも良いことはもちろんですが、歯に対しても良いと言われていますが、その理由は、免疫力が高ければ歯周炎になりかけても治りが早いということになり、万が一歯周病になったとしても適切な治療を受けて自宅での正しいブラッシングを行うことで治りも早いのです。免疫力が高ければ血流だって良いでしょうから、自然治癒力だって高くなっているのです。

健康的な生活とは食事のバランスが良いこと、適度な運動をしていること、寝る時間と起きる時間がきちんと決まっていること、それから食事後の正しい歯磨きを行っていることなどです。

睡眠では疲れの開腹をさせますし、細胞の修復などが行われます。栄養が血流に乗って行き渡ることでそれが叶うのです。

体が健康な方は歯だって健康だと思います。若いころの不摂生で歯をなくしている可能性もありますが、気を使ってるぶん、歯茎の病気にもなりにくくなっているようです。

Categories: 歯周炎, 歯周病 Tags:

早い段階で治療するのが肝心

4月 17th, 2014 someone Comments off

歯周炎の段階だと大した治療はしないかもしれません。

これなら病院に来なきゃ良かった。
なんて思う方もいるそうですが、そうではないのです。

歯周炎を見つけてもらっただけでも有難いですし、
歯周病に移行してしまうと通院回数は増えますし、
歯周ポケットのお掃除がはじまってしまうとその治療すら痛いのです。
そこまで進行してしまっている場合、治療に要する期間は長くなり、
ヘタすると数年通院することにもなります。

歯周炎の段階ならブラッシング指導だけで済むかもしれません。
歯周病菌がいると分かれば処方される薬も有りますが、
飲み薬やブラッシング時に使う液体ハミガキのようなものです。

歯科医院での治療では歯石除去は必ず行います。
歯周炎の段階でそれが見つかるのなら全て除去してもらってください。

薬で菌を退治したいというのなら、
市販品でどうにかしようとはせず、歯科医院で処方してもらうこと。
そのあと完治したら予防のために生薬入りの歯磨き粉を使ってもよいでしょう。

Categories: 歯周炎 Tags:

塩の引き締めは一時のもののようです

3月 25th, 2014 someone Comments off

塩で歯茎を引き締める。

確かに一時は有効ということのようですが
継続するということではないようです。

塩もみした野菜。
たくさんの汁が出ますよね?

でもまたつけ汁につけるとどうでしょう?
膨らんで元の形に近い大きさになります。

口の中は体の中でも常に湿っている部分ですので
出てくる唾液や飲むものによって元に戻るのは想像がつくでしょう。

でも唾液はいいものなんです。

せっかく塩で引き締めたんだから口を開けて乾燥させておこう。
なんてことはしないでくださいね。

唾液は殺菌効果も有りますので、歯茎にもよく、
口臭対策にもなるものなのです。

引き締め効果を持続させていくには繰り返し歯茎のマッサージを行い
血行を促進させることです。
生薬を使ってもいいかもしれませんね。

血行が促進されるということは治癒力だって高くなるということになります。
栄養素が血流に乗って行き渡るようになるからです。

血流不足は歯茎にかぎらずどこに起こっても良くないものです。

Categories: 未分類 Tags:

体も健康にしながら

2月 28th, 2014 someone Comments off

歯周炎や歯周病に負けないようにするためには
体の治癒力と抵抗力を高めるほうが良いでしょう。

血流が問題なく流れることで栄養素が行き渡りますし
血色だって良くなっていきます。

血流不足は髪の毛が抜けたり、爪がもろくなったり、
歯肉の色が悪くなったり歯周病がなかなか治らないということにつながります。

歯は別。

なんて考えはよくありません。

体にあるもので、血流があることで歯は歯肉にしっかりと支えられています。

栄養が渡らないような体になると
肌だってガサガサですし、傷だって治りにくくなります。

小さいころ、あるいは若いころと比較して
傷の治りが遅いのは細胞の老化や血流不足などが考えられます。

血流といえば血栓ができる病気がありますが、
その原因となっているものに虫歯菌や歯周病菌なども揚げられます。

つまり、口の中の病気は体にも影響があるというわけです。

規則正しい時間に就寝する。
これも体や歯茎にとっても良いことで、
修復の機会を与えることになります。

Categories: 歯周炎, 歯周病 Tags:

歯科衛生士と歯科助手

2月 14th, 2014 admin Comments off

歯科衛生士と歯科助手。
区別がついている人は実は多くありません。

専門技能を多く身につけているのは、歯科衛生士の方です。
歯科衛生士は、専門学校に行って資格試験に合格しなければなりません。

歯垢を取るなど、一部歯科医の業務を代行することが認められています。

一方、歯科助手は資格試験自体はありますが、必須ではありません。
つまり、資格がなくても歯科助手を名乗っている人はいくらでもいますし、特に問題があるわけでもないのです。

しかし、ある程度の専門知識があるに越したことはありません。

歯科助手は、職業訓練校などでも講座が開かれていますので、興味がある方はそちらの受講を考えてみるのも面白いでしょう。

なぜかというと、職業訓練の各コースは受講料無料で学べるからです。
詳しくは、職業訓練について専門的に書かれた情報サイトで調べてみて下さい。

Categories: 未分類 Tags:

歯茎マッサージできるものを考える

1月 3rd, 2014 someone Comments off

血行が良くなることで歯周炎や歯周病は完治しやすくなります。

治りが早くなるというわけですが、
もしもあなたがそれらに罹患してるとしたら
歯茎マッサージができるものを考えてみましょう。

柔らかな毛の歯ブラシで歯茎もブラッシングするというのもいいですね。
それだと他にかかる道具などがありませんので
余分な出費が抑えられます。
指で行っても同じです。

他にはどのようなものがあるのでしょう?

例えば歯磨き粉を専用のものに換える。
というのもひとつの手で、生薬が入っているものなどを使うのです。
マッサージ効果と引き締め効果をもったもの。

他にはウォーターピックというものもあります。

これはジェット水流によって歯茎マッサージしたり、
歯間や歯と歯茎の間の汚れをかき出すことができるもので、
虫歯や歯周病予防のために使われている方も多いアイテムです。
もちろん歯周病になっている方も使われています。

ただ、過信は禁物で、
歯と歯茎の境目を歯ブラシでブラッシングするのは忘れないで下さい。

Categories: 歯周炎, 歯周病 Tags:

再就職までに一通り治す

11月 9th, 2013 admin Comments off

現在、求職活動中(生活費は失業保険でまかなっている)という人は、再就職までにある程度歯周病を治しておくことが重要です。

再就職してしまうと、仕事を覚えるのに必死で時間もなくなり、また歯医者から足が遠のいてしまう人が沢山いるからです。

転職面接インフォ http://tensyoku-mensetsu.info/eigyo/

失業保険しか生活費がないという状況だと、病院に通うのも躊躇するかも知れません。
失業保険の金額などは、失業保険comを参照 http://shitsugyohoken.com

気持ちは分かるのですが、そういう行動は後からさらに高いツケになって帰ってきてしまいます。

中途半端に治療しただけだと、どのみち後からぶり返すことになるからです。

時間がある内に集中治療。
これが、時間も治療費も総コストを最も抑えられる方法です。

Categories: 歯周病 Tags:

歯と歯茎を大切にしてないとあとで後悔する

10月 17th, 2013 admin Comments off

歯と歯茎を大切にしてないと、あとで後悔することになります。

就職活動をする際、すでに前歯がないとしたらどうでしょう?

接客業なら採用されることはありませんよね?
歯のことを聞かれるでしょうし。

口臭が酷いのなら、いくら良い人材でも
自己管理がなってないということで採用されない場合もあります。

口臭がひどい場合、歯周病になっている可能性があります。
誰かに指摘されたら病院で診てもらってください。

歯の治療は時間がかかるものです。
それを防ぐには定期健診をすることです。

Categories: 未分類 Tags:

専用の歯磨き方法を教わりましょう

9月 13th, 2013 admin Comments off

歯周ポケットができると歯肉炎や歯周炎かもしれません。

その部分を引き締めていかなければならず、
ポケットに入った歯周病菌も退治しなければなりません。

そのためには、歯周病や歯肉炎のためのブラッシング方法で歯磨きをしなければならないのですが、
インターネットでも公開はされています。

でもどうせなら、歯周病菌チェックもしてもらい
歯科医院でブラッシング方法を教わるようにしましょう。

それによって歯が抜けてしまうリスクをできるだけ低くしてしまうのです。

Categories: 歯周炎, 歯周病 Tags: