Archive

Archive for the ‘未分類’ Category

硬いものが食べられる幸せ

5月 23rd, 2015 someone Comments off

歯周炎や歯周病になると堅い食べ物が食べにくくなります。 常に鈍痛があるなどで、 普段美味しいと思っているお肉でも 全く美味しく感じられず、それ以前に食事をするのが苦痛となってきます。 堅い食べ物が食べられるということは最高の幸せです。 食事が美味しいということから喜びを感じることが出来ます。 もしも食事がつかれるようになったというのなら、 歯医者さんで相談をしましょう。 その時にチェックしてもらえるのは歯周ポケットの深さだったりしますし、 虫歯チェックもしてくれるでしょう。 歯周ポケットが深いと診断されたら 歯周病菌の有無も検査されることでしょう。 歯周病菌が異常なほど多かったら歯周病ということになります。 歯周ポケットの深さでどの程度進行しているかがわかります。 食べる幸せをずっとこの先も。 と思っているなら、歯と歯茎は大事にする用にしてください。 術後の方でも経口摂取で食事ができるようになると メキメキ回復していくのがわかるのです。

Categories: 未分類 Tags:

歯茎が黒くなる理由

6月 30th, 2014 someone Comments off

歯周病の方にはあまり見られないですが、歯茎が黒いと感じる方々がいます。 あれは歯茎が悪くてそのような色ということではなく、殆どの場合、差し歯にしたために土台の金属イオンで沈着したものだそうです。歯の治療でそれを選んだ結果ということになりますが、もしもその時、インプラント治療を選択してたのなら黒くなることは。。。なかったのかもしれませんが、やってみなければわからないとは思います。差し歯を選択した当時、インプラント治療がそれほどメジャーじゃなかったということも考えられますから。 歯茎が黒いとパッと見た感じ、歯が小さい方だと歯が無いのかしら?と思うこともあります。でも歯が無いのだとしたら下顎は上方に上がってしまいますし、パッと見た感じでも分かるようになります。 他には、歯茎が黒くなる原因として長年に渡る喫煙による着色もあります。でもその場合、金属イオン沈着ほど黒くなることはありません。というより、歯の色自体が汚くなります。

Categories: 未分類 Tags:

塩の引き締めは一時のもののようです

3月 25th, 2014 someone Comments off

塩で歯茎を引き締める。 確かに一時は有効ということのようですが 継続するということではないようです。 塩もみした野菜。 たくさんの汁が出ますよね? でもまたつけ汁につけるとどうでしょう? 膨らんで元の形に近い大きさになります。 口の中は体の中でも常に湿っている部分ですので 出てくる唾液や飲むものによって元に戻るのは想像がつくでしょう。 でも唾液はいいものなんです。 せっかく塩で引き締めたんだから口を開けて乾燥させておこう。 なんてことはしないでくださいね。 唾液は殺菌効果も有りますので、歯茎にもよく、 口臭対策にもなるものなのです。 引き締め効果を持続させていくには繰り返し歯茎のマッサージを行い 血行を促進させることです。 生薬を使ってもいいかもしれませんね。 血行が促進されるということは治癒力だって高くなるということになります。 栄養素が血流に乗って行き渡るようになるからです。 血流不足は歯茎にかぎらずどこに起こっても良くないものです。

Categories: 未分類 Tags:

歯科衛生士と歯科助手

2月 14th, 2014 admin Comments off

歯科衛生士と歯科助手。 区別がついている人は実は多くありません。 専門技能を多く身につけているのは、歯科衛生士の方です。 歯科衛生士は、専門学校に行って資格試験に合格しなければなりません。 歯垢を取るなど、一部歯科医の業務を代行することが認められています。 一方、歯科助手は資格試験自体はありますが、必須ではありません。 つまり、資格がなくても歯科助手を名乗っている人はいくらでもいますし、特に問題があるわけでもないのです。 しかし、ある程度の専門知識があるに越したことはありません。 歯科助手は、職業訓練校などでも講座が開かれていますので、興味がある方はそちらの受講を考えてみるのも面白いでしょう。 なぜかというと、職業訓練の各コースは受講料無料で学べるからです。 詳しくは、職業訓練について専門的に書かれた情報サイトで調べてみて下さい。

Categories: 未分類 Tags:

歯と歯茎を大切にしてないとあとで後悔する

10月 17th, 2013 admin Comments off

歯と歯茎を大切にしてないと、あとで後悔することになります。 就職活動をする際、すでに前歯がないとしたらどうでしょう? 接客業なら採用されることはありませんよね? 歯のことを聞かれるでしょうし。 口臭が酷いのなら、いくら良い人材でも 自己管理がなってないということで採用されない場合もあります。 口臭がひどい場合、歯周病になっている可能性があります。 誰かに指摘されたら病院で診てもらってください。 歯の治療は時間がかかるものです。 それを防ぐには定期健診をすることです。

Categories: 未分類 Tags:

酸性に傾きがちな体のことを考えたい

5月 21st, 2013 admin Comments off

体の状態は歯や歯ぐきにも直結すると思うのですが、 体の状態が変だと思ったら修正を図るべきだと思います。 口の中も酸性に傾いているなら中和を考えます。 そうすることで歯周病の進行を抑えることができるのです。 体が酸性に傾いていると感じる時はどのような時か。 私の場合は皮膚のかゆみやポツポツによってそれを感じるのですが そのようなときにはなるべくアルカリ性食品を多く摂取するようにしています。 長年アトピー性皮膚炎を患った経験があるからです。 でも体のペーハーバランスを考えて生活をするようになると リセットできるというか、調子が良くなるような気がします。 歯周病にならないためにも、体のことをもっと考えて生活してみてはいかがでしょうか?

Categories: 未分類 Tags:

唾液には殺菌効果が

7月 31st, 2012 admin Comments off

口の中が乾いていると細菌が繁殖しやすいそうです。 食べ物を食べていないから寝たきりの人の口の中は 大丈夫だろうと思っていてはいけません。 病院に入院し流動食の方でも 看護師によって歯磨きもしますし、 ガーゼで口の中も拭いて綺麗にします。 食べ物を食べずにいて、口が開いていると乾いてきます。 唾液を出すことは口の中を殺菌する効果があるそうで、 健康な方なら、酸っぱいものを食べて唾液を出すと、 食後の口の環境としては良くなるそうです。

Categories: 未分類 Tags:

軟骨まで食べたい

6月 30th, 2012 admin Comments off

私自身、鳥や豚の軟骨が好きでよく好んで食べますが、 硬いものを食べる習慣がある方は 顎の骨がしっかりしているそうです。 歯周病が進行すると、歯茎に影響が出て 歯がぐらつく、歯茎が後退するという症状が出てきます。 普段から硬いものを食べる習慣がある方は 歯も丈夫だと言われていますので、 最初は柔らかく煮込んだ軟骨から、 ちょっと固めの軟骨に挑戦してみてはどうでしょう?

Categories: 未分類 Tags:

良く噛む人はなりにくい

5月 31st, 2012 someone Comments off

日本など発展国の人は柔らかい物を好んで食べる傾向にあるため、歯周病、虫歯になる人が多いといわれています。 柔らかい食べ物を食べる機会が少ない国の人は歯周病、虫歯になる人が少ないといわれるほど、物をよく噛んで食べるという事は口の中の病気、虫歯、歯周病に大きく関わっているのです。 噛むという事の大切さがわかりますね。

Categories: 未分類 Tags:

健康な歯茎を目指すには

4月 30th, 2012 someone Comments off

歯周病に負けないために大切なことのひとつにビタミンの摂取があげられます。そして喫煙者の方ですと減煙されるのもまた効果があるでしょう。

Categories: 未分類 Tags: