習慣から来るのが歯と歯茎の病気

8月 16th, 2014 someone

虫歯になりやすいという方もいますが、
主には生活習慣から来るのが歯と歯茎の病気だと思います。

歯並びに関しては顎の骨の大きさにもよりますが、
抜歯痕をそのまま放置することでも並びが悪くなることもあります。
目立つというほどではありません。
時間をかけて歯が移動していくこと、噛み癖、歯ぎしりなどによって
徐々に噛み合わせなども悪くなっていくのです。

歯磨きの仕方も習慣の一つでしょう。
一日に1回しか磨かないのであれば、細菌は繁殖しやすくなり
虫歯と歯周病を進行させてしまいます。

食後毎回磨いていたとしても磨き残しが常にある方なら
回数の問題でもなくなります。
同じ部分に磨き残しがある場合、そこで細菌が繁殖してしまうというわけです。

健康によいからとグレープフルーツを食べていてもそうです。
口を濯がないことで、歯は溶けてしまうのです。
虫歯でもないのに歯が溶けてしまうのは問題ですよね?
そこから虫歯菌が入り込む可能性だってあるのです。

Categories: 歯周炎, 歯周病 Tags:
Comments are closed.